口唇ヘルペスと間違えやすい病気 - 口唇ヘルペスの原因と効果的な治し方

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口唇ヘルペスと間違えやすい病気



口唇ヘルペスの代表的な症状である水ぶくれや痒みは、他の多くの感染症や皮膚疾患でも起こります。
これらは口唇ヘルペスと間違えやすいので、注意してください。
接触性皮膚炎なんかがよく間違われますね。






ウイルスや細菌による感染症では、手足口病やとびひが挙げられます。これらは子供に多いです。
皮膚科にかかれば、口唇ヘルペスかどうか、すぐに診断してもらえます。



口唇ヘルペスと間違われやすい主な病気


1、接触性皮膚炎
痒み、かぶれ、腫れ、赤い斑点、小さな水ぶくれなどが現れます。
医薬品、化粧品、洗剤などが皮膚に接触し、それが刺激となって症状が現れます。


2、手足口病
子供に多く見られるウイルス感染症で、その名の通り手のひら、足の裏、口の中などに小さな水ぶくれや発疹が出ます。
多くの場合、1週間ほどで自然に治ります。


3、とびひ(伝染性膿痂疹)
黄色ブドウ球菌やレンサ球菌による皮膚の感染症です。乳幼児に多く見られ、水ぶくれや強い痒みが出ます。
虫さされや湿疹を掻いた傷からの二次感染で起こることが多いです。


4、口角炎
唇の端にひび割れができ、口を開ける時に痛みます。
原因は細菌の感染、ビタミンの欠乏、鉄欠乏性貧血、唇のなめすぎなどが挙げられます。


5、固定薬疹
抗生物質や消炎鎮痛薬など、特定の薬を服用する都度アレルギー反応が起こり、毎回同じ部分に水ぶくれや赤い斑点ができます。
これを何度も繰り返すと色素沈着が生じ、黒いアザのようになります。




関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。