口唇ヘルペスの感染経路 - 口唇ヘルペスの原因と効果的な治し方

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口唇ヘルペスの感染経路



ヘルペスウイルスは、人と人との接触によってうつります。
直接触れなくとも、間接的な接触でも感染するなど、非常に感染しやすいウイルスです。
主な感染経路は、以下の通りです。






  ●患部を手で触れる
  ●発症している人が使ったタオルやコップに触れる
  ●唇同士が接触する
  ●くしゃみや咳で飛散した唾液に触れる


皮膚が健康な状態でも感染しないワケではないので注意すべきですが、傷や湿疹があったり、風邪などで抵抗力が落ちている人は特に注意が必要です。接触した時の感染する確率が高まってしまいます。


ただし、感染するのは主に症状が出ている(チクチクしたり、水ぶくれができている)時で、ウイルスが神経節に潜んで大人しくしている期間はほぼ感染しません。


かつては、親や祖父母からのほおずりなどで幼児期にすでに感染していることが多く、4歳までにはほとんどの人が感染していました。この時にウイルスの抗体が出来ています。

実際、60代以降の方はほぼ全員がヘルペスウイルスの抗体を持っています。
しかし近年、核家族化が進んだため、10代での抗体保有率は6人に1人程になっています。

幼少期に抗体が出来ている方は、大人になってから再発しても軽い症状で済むのですが、大人になってから初めて感染すると重症になりやすい傾向があります。



関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。