口唇ヘルペスの症状 - 口唇ヘルペスの原因と効果的な治し方

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口唇ヘルペスの症状



口唇ヘルペスの症状は一様ではありません。
体調、年齢、体質によって症状の現れ方が違ってきます。





子供が初めて感染した時は、何ら症状が現れず感染したことに気付かないことが多いようです。

しかし大人になってから初感染すると、症状は重くなりがちです。
4~7日ほどの潜伏期間の後、唇や口の周りがチクチクし始め、3~5㎜の水ぶくれや痒みなどが出てきます。
酷いときは、発熱、リンパ節の腫れ、頭痛、怠さなどの症状が重なることもあります。

さらに、大人になってから感染した場合は再発しやすくなると言われます。
再発時は次のように症状が出るのが一般的です。

 1、皮膚がピリピリ、チクチクし、痒みや熱を持ち始める
 2、1から半日ほどで赤く腫れるてくる
 3、2から1~3日後、赤く腫れた部分に水ぶくれが生じる
 4、1週間前後でかさぶたになり、2週間前後で治る

3のタイミングで、発熱などの全身症状が出ることもあります。
再発は年1~2回のペースで起こるのが一般的で、再発のたびに症状が軽くなるのが普通ですが、逆に重くなることもあります。

関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。