口唇ヘルペスとは - 口唇ヘルペスの原因と効果的な治し方

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口唇ヘルペスとは



ヘルペス(herpes)とは、皮膚に水ぶくれ(小水疱)が群がって発生する病気です。
単純ヘルペスウイルス1型というウイルスが皮膚の中で増殖することで発症します。





このヘルペスウイルスがやっかいなのは、一度感染してしまうと、症状が治まった後もウイルスが皮膚内部の神経節に潜み続け、生き延びている事です。
そして、抵抗力の低下などを機にウイルスが神経節から出てきて増殖し、何度も再発します。
現在のところ、残念ながら完全な治療法はないようです。


口唇ヘルペスの原因となるのは、先ほども述べたとおり単純ヘルペスウイルス1型です。
1型があれば2型もあり、それぞれの特徴は以下の通りです。

  ●1型・・・ウイルスが顔の三叉神経節に潜むので、主に顔や上半身、
        特に顔や口唇に症状が現れる。

  ●2型・・・ウイルスが腰の仙骨神経節に潜むので、主に下半身に発症する。
        性器ヘルペスが代表的。

ウイルスに初感染したときは、体のどこにでも症状が出るのですが、再発のときは、1型は主に上半身、2型は下半身に発症します。
しかし、1型なら必ず上半身というわけではなく、下半身に出ることもあるようです。
2型でも同様です。

関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。