口唇ヘルペスの効果的な治療法 - 口唇ヘルペスの原因と効果的な治し方

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口唇ヘルペスの効果的な治療法



口唇ヘルペスの症状は、患部を清潔に保っていれば、通常は1~2週間ほどで自然に治まります。
しかし、重症化したり、頻繁に再発を繰り返していると、水ぶくれがただれてしまって、跡が残ってしまうこともあります。

早期に適切な治療をすれば軽症で済みますし、回復も早いので、再発してしまったら出来るだけ早く治療しましょう。





口唇ヘルペスの治療は、基本的に抗ウイルス薬による薬物療法で行います。
抗ウイルス薬には外用薬、内服薬、点滴の3種類がありますが、点滴は重症化している場合に用います。


●外用薬(軟膏)……症状が軽く、再発が頻繁でない口唇ヘルペスに処方する。症状の拡大を抑える。アシクロビル、ビダラビン。

●内服薬……皮膚のみならず、神経節のウイルスの増殖も抑える。アシクロビル、塩酸バラシクロビル。

●点滴……初感染で重症化している場合などに用いられる。アシクロビル、ビダラビン。


治療には外用薬のみということもありますが、内服薬と外用薬を併せて用いるのが原則です。
口唇ヘルペスは皮膚だけでなく、神経節にもウイルスがいますから、外用薬で皮膚の、内服薬で神経節のウイルスの増殖を抑えるのです。
内服薬は、前兆が現れた時期に服用すれば回復も早いですし、神経節に戻るウイルスも減らせるので再発防止にも繋がります。


口唇ヘルペスは今のところ完治する方法がなく、一生付き合っていかなければならない病気です。
しかし、抗ウイルス薬の使用と健康的な生活習慣によって、再発を予防することが出来ると言えます。


関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。