口唇ヘルペスが発症してしまった時の注意点 - 口唇ヘルペスの原因と効果的な治し方

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口唇ヘルペスが発症してしまった時の注意点



口唇ヘルペスは発症しても2週間ほどで自然に治まりますが、ウイルスは完全に死滅するワケではなく、再び神経節へと戻ります。

通常は徐々にウイルスの数が減っていくので再発しても軽症で終わりますが、症状が悪化するとウイルスが爆発的に増殖し、その分、より多くのウイルスが神経節へ帰っていきます。
すると再発の頻度も増え、症状も重くなります。

このような事態を防ぐためにも、発症時にどうケアするかが大切です。





口唇ヘルペスを発症したら、症状の悪化を防ぐため、まず患部を清潔に保ちます。

水ぶくれになった部分は水で優しく洗い、タオルを添えるようにして水気を拭き取ってください。
水ぶくれを破ってしまうと、細菌に感染しやすくなり、二次感染の原因にもなります。水ぶくれは破らないように注意しましょう。

もし水ぶくれが破れてしまったら、脱脂綿に消毒用のアルコールを染み込ませて、そっと拭いてください。二次感染の防止になります。

また、他への感染を防ぐため、また他の部位への感染拡大を防ぐために、マスクを着用すると効果的です。


普段からも言えることですが、発症してしまったら、とにかく充分に身体を休め、栄養を摂って、健康的な生活を送るよう心がけましょう。
強い紫外線を避け、アルコール類は控えることも重要です。これらは症状を悪化させる一因になります。

皮膚のかゆみやチクチク感などは、口唇ヘルペスの再発の前兆です。
早めに病院へ行くか、市販の抗ウイルス薬で軽症のまま終息させるよう努めましょう。



関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。