口唇ヘルペスの原因と効果的な治し方

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口唇ヘルペスの効果的な治療法



口唇ヘルペスの症状は、患部を清潔に保っていれば、通常は1~2週間ほどで自然に治まります。
しかし、重症化したり、頻繁に再発を繰り返していると、水ぶくれがただれてしまって、跡が残ってしまうこともあります。

早期に適切な治療をすれば軽症で済みますし、回復も早いので、再発してしまったら出来るだけ早く治療しましょう。

スポンサーサイト

口唇ヘルペスが発症してしまった時の注意点



口唇ヘルペスは発症しても2週間ほどで自然に治まりますが、ウイルスは完全に死滅するワケではなく、再び神経節へと戻ります。

通常は徐々にウイルスの数が減っていくので再発しても軽症で終わりますが、症状が悪化するとウイルスが爆発的に増殖し、その分、より多くのウイルスが神経節へ帰っていきます。
すると再発の頻度も増え、症状も重くなります。

このような事態を防ぐためにも、発症時にどうケアするかが大切です。

口唇ヘルペスの再発を予防する方法



口唇ヘルペスは、免疫力が低下すると再発します。
再発する頻度は人にもよりますが、1年で平均1~2回ほど。

感染している方は、普段の生活の中で自分がどんな時に再発するかを考え、できる限り同じ状況にならないように気を付けることが重要です。

免疫力を低下させないためには、以下のような生活が理想的です。

口唇ヘルペスの感染を予防する方法



口唇ヘルペスの感染経路は、家族間での接触感染が最多です。
特に水ぶくれができている時はウイルス量が最も多い時期になっており、感染力も非常に強いので、症状が治まるまでは他の人に感染しないよう注意を払うことが重要です。
感染予防のため、以下のことに注意しましょう。


単純疱疹と帯状疱疹



口唇ヘルペスは、主に「単純ヘルペスウイルス1型」によって引き起こされますが、
これに対し帯状疱疹は、「水痘・帯状疱疹ウイルス」による病気です。
小児期に「水ぼうそう」として発症しますが、大人になってから再発したのが「帯状疱疹」です。

発症する部位として特に多いのが胸から顔の三叉神経の領域と、お腹や背中などの胸髄神経節の領域です。
神経に沿って発疹が帯状に出ることから、帯状疱疹と呼ばれています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。